FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指輪っ娘

某魔法使いの弟子企画を見て、ふと思い出されたのがコレ。

私はLotro(ロード・オブ・ザ・リング・オンライン、指輪物語のMMO)
というMMOを長らくやってまして、その日本サービス開始の目玉の一つとして、
指輪っ娘なる可愛い若い女子4名が実際にプレイヤーになるというものがありました。
<参考>

私はそこそこの指輪物語ファンなので、あの指輪物語の世界に、
(ちなみに指輪物語は全てのファンタジーの原点と言われています。
ドラクエもWoWも結果的にHearthstoneもここから始まったと言っても過言ではないです)
こんなのいらねーよってのが最初の印象でした。他のコアな指輪ファンも同様でしょう。
なにしろ魔法は無いという設定まで厳格に適用しているくらい原作に忠実でしたし。
(Lotrの映画見たことある人は想いだして頂きたいのですが、何故魔法使のガンダルフが
魔法撃つのでなく杖や剣振り回していたのか、はこのためです)
そしてホビット庄のつくりは最高でした。と、話がそれますね。

んで、なんだかんだで結局指輪っ娘も半年ぐらいで卒業となり、
まーそんなもんだろ客寄せパンダかよ、まぁ元々興味ないし。
なんて感じだったのですが、1名だけ1プレイヤーとして続けると言うのです。

それでもまーオタサーの姫状態でなんか持ち上げられながら降臨するだけなんだろなと、
思っていたのですが、それが違った。

彼女は本当に熱心で、また、ゲームやギルドメンバーのことも考えていて、
お飾りのギルドリーダーでも、お飾りのゲームプレイヤーでもありませんでした。
時には率先してギルドメンバーを集め、イベントを企画し、
当時最難関のレイドコンテンツ(Lotroでは12名のメンバーが協力してボスを倒していく)
のレイドリーダーまで勤め、しかもそのメインタンクまでやってしまうという。
(MMOに詳しくない人に説明すると、まあ一番難しい役割と思ってください)
攻略指示しつつ、メンバーの面倒見つつ、戦利品管理もしながらプレイヤースキルも高く、
本当にトッププレイヤーレベルまで成長しました。

しかし彼女は当初4人の中でも一番ゲームからほど遠く、
一番最初にやめるんじゃないかなと自分の周りでは噂されていたのです。
ゲームはおろかPCすらまともに触ったことのないレベルだったからです。

なぜここまで成長したのか。
彼女が書いているというメモを見たことがあるのですが、
それはもうレイドの度にこういう事に気を付けようとか、プレイングのコツ・ノウハウが
びっしり書いてあったのです。本当に頑張り屋さんなんですね。
Lotroの日本語サービスは早くに終わってしまったのですが、
最後まで盛り上げつつ、努力を惜しまず、
最後は何の努力も成長もしないゲーム歴だけ長い金魚の糞洋ゲーマーより
はるかに深い知識とプレイスキルを身に着けていました。

日本サービス終了後は英語サーバーに私は移住したのですが、
彼女もそこまでやってきてプレイしたりしています。(私は休止中ですが)

自分も当時実質大手ギルドリーダーだったんで、
彼女のギルドと合同レイド企画とかイベントをやらせてもらったんですが、
上に挙げたプレイスキルもさることながら、
途中歌を歌ってくれたり、関西弁でノリのいい冗談で盛り上げたり、
エンターテイナーとしても最強でした。
歌いながらメインタンクを軽々こなすとか結構レベル高いですよ?

そういう経験があるので、
私はこういったものから素晴らしいものも生まれることもあると思っています。
しかし冷静に言えば、4人中3人はお仕事としてやったら終わりだったわけで、
それもそういうものだと思っています。

こういう企画は賛否両論あると思いますが、
頑張り屋さんで尊敬できる存在になってもらえる人が、
1人でもできるといいですね。
本人の本気度も大きいですが、周りの存在も大事です。
周りの人も本当にゲームを愛しているのか否か。
今後も本当に周りの人たちと一緒に過ごしたいと思っているのか否か。
こんな感じ
になってくれるといいんですけどね。周り次第ですよ。

まぁアマチュア企画なのか、
運営が直接契約してやってるのかは違うんですけど、
卒業後どうなるのかは、どちらも立場は同じですよね。

是非イロモノではなくホンモノになってほしいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

akaneko#1429

Author:akaneko#1429
Carat(akaneko)のいろいろBlogです。

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。