FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zooとメカーノと私

お久しぶりです。
なかなか(めんどくさくて)更新できませんでしたが、スタン落ち前に記事を書き下します。

もはやいまの世代にはこのタイトルもよくわからないと思うので元ネタをぺたり。

いい曲ですよね。大学時代を思い出します。

とりあえず過去を振り返りながら自己満足で感傷に浸る記事にしますので、
全く有益な情報はありません。あしからず。

1.FastEggZoo時代 (Season#2~#10)

 私はSeason2(2014/6)からHearthstoneをやっているのですが、最初からZooを使っていました。

 最初に大会シーンで活躍したのがこのへん。
 Road to masters For Blizzcon
 2014年のブリコン予選にこれ優勝していれば出れたのですが、Best8でした。
 Crossさんと並んでるぞ、今思うと結構すごいんじゃないか!

 その時自分でカスタムしたZooがVoidZooという名のFastEggZoo。
 ちょうどNaxxでEggが出た週だったんです。
 とにかくEggはOPでした。今でも主力なんですから想像はできますよね。
 Eggも自分が大好きなMinionです。スタン落ちしちゃうけど・・・。

 デッキリストは上記のリンクから飛ぶとわかるんですが、
 4マナが最高で1枚、あとは3マナ以下という、完全Akaneko仕様の超光速Zooでした。
 これで予選は6-0の無敗だったんだから、やられたほうはクソすぎてたまらないでしょう。
 このころから完全にアグロ脳なんですねーこわいですねー。

 ちなみにLegendにも全くなれない時代で、このあともう引退しようと思った末に、
 FaceHunterに乗り換えLegendに行くことができました。
 しばらく「FaceHunterの人」と呼ばれることになります。相変わらず脳死だけど。

2.DemonZoo時代(Season#11~14)

 GvGでMechが入ってZooはMechMageにその座を奪われ冬の時代を迎えます。
 ZooやるくらいならMechMageやるぜ!って時代、なかなか想像つかないかもしれませんね。
 Hearthstoneの歴史の中で唯一のZoo冬の時代じゃないでしょうか。

 その後、BRMのImpGangBossの登場でDemonZooとして復活します。
 VoidCallerから強いのいろいろ出しちゃうやつですね。
 この時代の印象が強いので私は結構ZooにVoidCaller入れちゃいます。

 私も主力として使いWikiリーグ5月優勝しました。
 初めて大型大会で優勝して、Legendも結構いけるようになっていて、
 これはTOPPlayerに食いついていくこともできるのではと思い始めていた時代です。

3.DGZ-Mechano時代(Season#15~#25)

 ※DGZ-Mechanoとは(DoubleGiantZoo-Mechano、シージャイ2枚+メカーノZOO)の略です。

 そしてついに来ましたMechano。
 BRMで入ったのでMechano自体はもっと前にあったのですが、当時誰も入れてませんでした。

 まぁ私が思いついた、というわけではなくて、ラダー回しているときにいきなり相手のZooから
 Mechanoが飛び出してきたことがきっかけです。
 その試合はMechanoの動きが悪く勝ってしまったのですが、
 そのあと心に引っかかるものがありました。
 いや、それ、めっちゃつよくね???てかかっこよくね!?コレじゃね!ぼくがもとめていたもの!

 そもそも、当時の私が(今でもそうかもしれない)TOPPlayerに勝つ戦略は、
 「Kolentoだろうがなんだろうが運ゲに持ち込めば50%の確率で勝てる」
 でした。この戦略に当てはまるパーツ、超絶な運命力があればプロも倒せるパーツ。
 それをずっと探し求めていたのですが、これ、これですよ!

 Windfuryが付きさえすれば突然死させられる。
 この力を高めるために当時1枚積み構成があったSeaGiantを2枚に増して強烈パンチを増やしました。
 この辺はもう上記の運ゲ持ち込み戦略に沿ったデッキ構築です。

 ご都合主義と言われることがあるのですが、
 そのとおりでご都合主義をコンセプトに作ったデッキなので褒められてうれしいですw

 そしてできたのがコレ。
 ZOO
 これでSeason#15はTop74Finishして、ついに2ケタ勢の仲間入りを果たしました。

 これ以来このデッキでいろいろと大会勝ったり、2015年の日本選手権でたりとお世話になりました。
 めかーのにはほんと助けられて、不利マッチで追い詰められても大逆転の芽があるってのが楽しい。
 そしてClownさん初めめかーの教信者も徐々に増えていき、大満足でした。

 売人が無いくらいで、今でも十分通用する構築だと思います。
 もうメカーノシージャイZoo使い始めてから10ヶ月近くなるんですねぇ。しみじみ。
 ようやっと最近この手のZooが流行しているみたいです。
 もうスタン落ちるってのに。それだけ、つよいんですよね!
 
 スタン落ち前に輝けてよかったね、めかーのくん!

 ぼくはもうおもいのこすことはないよ!うれしい!
 さて、最近のメカーノ大活躍動画を貼って満足して終わります。

~ めかーのくん大活躍動画 ~

1)Easy-Peasy#9 Akaneko vs Gundumflame

2:43:00あたり

99%負けの状態からSeagiant+PO+Windfuryで24点パンチを浴びせて優勝しました。
メカーノを愛すれば自分の好きなところにWindfuryが付くんですよ!

2)APAC冬季選手権 Handsomeguy vs NaviOOT
https://www.twitch.tv/playhearthstonejp/v/56906839
5:24:00あたり

これでめかーの最近流行ってる気がしますね。

めかーの使いとしてはこの流れであそこまで我慢するのは当然で、
Reno相手だとLothebと場に十分な打点揃えて倒すか、めかーのでリーサルが勝ちパターン
(いちおう相手の事故や全体除去無いのお祈りというパターンもあるけど)
しかないので、Lothebを使ってしまった以上、リーサルになるまで待つんですよね。
もちろん、マッチアップ次第では場を制するのにめかーの使うのも有効です。

でもこれ見て、ああそれなりに自分もめかーの使いとしての熟練度はあるんだなぁと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

akaneko#1429

Author:akaneko#1429
Carat(akaneko)のいろいろBlogです。

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。